大山  “強風”での登山は、危険か?

  • 2014.10.11 Saturday
  • 21:13
大山(弥山) 1709m
登り: 夏山登山道 8:30→10:30 
下り: 行者登山道 11:40→13:30

台風の接近により、当初計画の石鎚山は危険と判断してキャンセル。
一方、日本海側の大山は、予報を見る限り、完璧な晴天と強い風。
登山天気予報のカテゴリは「C 登山には適していません」。
・・・登山に適していない風って、どれほどなんだろう?
うーん、今後のためにも一度は経験しておきたい。
強風による転落等の危険箇所が無い、行程既知で安心の大山夏山登山道を決行。
生命力の強靭な相棒アニマルさとちんを巻き込みます。

P1000786.JPG

風は登り始めてから早々に強まりました。
樹林帯は安全かと思っていたのですが、そうでもありません。
1000m超えた時点ですでに異世界。
風に吹かれた木々が唸るようなすさまじい重低音を鳴らし続け、恐怖を覚えます。
枝が折れて飛んでくるかもしれないので身構えて登りますが、
轟音で周囲のモノの気配がわからなくなっているので、視力にしか頼れません。
低木帯に入ると土ぼこりが目に入って、帽子のつばがめくれるか視界をふさぐか、常にうっとうしい。
局所的に、重くて強い風の塊がカメハメ波的にぶつかってくる場所があって、身動きが取れない。
風を遮るもののない頂上付近では、ロープをつかんで腰を落とさないと立っていられない。
気を抜くとよろける。よろけるのを踏ん張り続けるので、疲れる。
帽子が脱げてそのまま顔に貼りつく。
爆風にさらされ、髪もヘアゴムまでも吹き飛ぶ。表情は常に相当な不細工に。
ひどいなこれ。

P1000814.JPG
01ecbb5695f90cbe0ecc8ac7f63cc2189f2cf2770a.jpgP1000799.JPG

いやー、これほんとに登山には適していません。
P1000794.JPG

立ち止まっても休憩にならないので、休憩せず、ペースも落とせず、
逃げるように登って逃げるように下りたから、
標準時間4時間20分を30分も下回るハイペースで行程を終えました。
登るたびに、強くなったなー自分、と満足。

P1000798.JPGP1000816.JPGP1000818.JPG

今回学んだこと。
強風の日は、よろけると転落の危険がある場所が行程中にあれば、中止すべし。
通常、沢の風が気持ちよく上がってくるような場所、木がまばらな場所は、突風の危険地帯なので身構えるべし。
自己責任で行くならば、砂埃から眼鼻口を守るものがあると良い。
休憩に入ったらあっという間に体温が低下してしまうので、すぐ防寒服を着る。

麓はそよそよと穏やかな風で、別世界でした。
景色の良い田んぼの畦にて、童心に帰る三十路二人。
P1000824.JPGP1000826.JPG
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM