おくかんなべ

  • 2017.02.06 Monday
  • 10:00

また長距離運転を頑張って、今度は奥神鍋。

スクールのあと、急いでお風呂入って、そのまま出発。

自分の体力を過信して、こんなスケジュール。

 

開会式

8番。ナショデモ、優勝候補者(当然優勝しました)の次。

みんなが注目して、

注目が終わって雑談してる間に

しれ〜っと滑る感じだな。

こればかりはどうしようもない。

 

さておき、

さとさんの買ってきたふざけたサングラスは一番似合ってないけど気に入りました。

前日の練習や、部屋でのひとときや、コントレや、ごはんや、

そういう細々した部分の楽しさや喜びが身に染みて痛い

 

 

大会は全然点が出なくて泣きました。

自分的には産休前より少し勢い足らずで見劣りするかなくらいでしたが、

その少しが

ジャッジ一人あたりー1〜2点となり、総じてー5〜6点となり、あるいはもっとで

 

いかんせん、出ませんでした

先週よりマシな滑りになりつつあったんだけど

前の走者の高得点の波を完全に消し去る消波ブロックになっとりました

テトラポット! 

もちろん不本意!!

 

 

そして2日目の最終種目でやらかしました。

コケこそしませんでしたし、ケガもしてません

変な体勢のままゴールライン切ったときの光景が焼き付いてます

残念すぎて呆けたのと、ケガ無い安堵と、両方。

時間が経つと、悔しいばかり。

 

 

市民スキーヤー宣言もしたわけで

そんな中で今回は無理くり出場して

出場できるだけで素晴らしいのだからそれ以上求めたくなかったのに

結局結果が出せないとつまらないものになってしまうことが

苦しくてたまりませんでした。

これまでの自分より、下がりたくなかった。

悔しいなぁ。。。

 

チームの仲間も、素晴らしく結果出したり、それぞれに悔しい思いをしたりです。

選手やることの楽しさ、厳しさ、苦しさ、喜び、

痛いほどに味わった3日間でした。

 

これは1番走者だったためセーフティでもいいから確実に完走するよう心に決め

そのとおり滑ったため

写真撮りやすかっただろうね!ていうコブです

なぜに腰に手をあてている

 

セーフティ・・・心の決め方が間違ってたな(;^_^A

 

あと、今回は、練習の途中や、大会の途中やらで、

緊張や追い込みに耐え切れずに

無理だよ もうお腹いっぱいだよ と思う瞬間が結構あって、

そんな甘えたことはこれまでになかったので

もうすぐ成仏するんだろうな、とぼんやり感じてます

まぁ、やめることはいつだってできる

 

前日練習の終わった夕方に

ぼうやが熱を出した と、父ちゃんからメール来ました。

動じない程度の状況で、父ちゃんが動じてないこともよくわかりましたが

当然気になったし

心配になるというよりは自分何してんだという気持ち。

テレビ電話したら笑顔で安心したけど、なお寂しくなり。

家族愛を自分の強さに変えるようなカッコいいことは、全然出来ませんでした。

 

結局突発性発疹だったんだけど、

もしこの熱が、1日、前倒してたら

私はココに来られてたんだろうか

もしこれまでの1ヶ月の間に、彼が何か病気してたら

あるいはベビールームに馴染めず泣いてる日々だったら

 

気持ちが萎えてスキー場なんて行けなかっただろうな

とか思うと

 

今シーズンのスキー活動はすべて

ぼうやの健康と、おおらかさと、

父ちゃんの協力に基づく

幸運の産物なのです。

 

悔しくて泣いた時間も含めて、選手をやるということは、ほんとうに貴重な経験。

こんな経験を、またさせてもらったことに、感謝感謝なのです。

 

 
 
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM