子連れde屋久島旅行 その3

  • 2017.10.01 Sunday
  • 22:00

3日目です。

今日も晴れ予報

 

白谷雲水峡へ

向かう途中で早速屋久島猿の群れに遭遇

171001_091016-8747281.JPG

 

結構沢山の観光客が居ます中、出発

171001_095412-9090411.JPG

 

171001_102519-9250005.JPG

 

171001_103207-9404491.JPG

 

171001_103458-9565648.JPG

 

171001_103533-781979.JPG

 

ぼうやは超ご機嫌です

171001_110732-8787717.JPG

 

171001_110758-9028738.JPG

 

171001_111154-6337039.JPG

 

左上に猿が居ます

171001_111820-9312415.JPG

 

丸見えよ

171001_111840-9175686.JPG

 

目標地点・太鼓岩。

到着5分前に寝てしまったぼうや

怖くて下が見れないウオジィ

171001_120732-5367587.JPG

 

もののけ姫の森は大変うっそうとしていて他にない雰囲気でした。

コケの物量がすごくて。

生命力というか生物物質循環のスケールどんだけ大きいのよと。

171001_124058-322224.JPG

 

171001_125622-719622.JPG

 

写真のとおり、コケのすごい場所とそこそこ落ち着いた場所とで全然違う雰囲気です。

終盤に母さんも記念背負子。

171001_132844-9078189.JPG

 

あわただしく空港前のお風呂に入って、

おそろいのTシャツ着て帰りました。

171001_163914-721901.JPG

 

今回は子連れで活動ということで日数も少なめで行動範囲も限定しながらも

雨の多い屋久島で奇跡的に3日とも天気に恵まれ、すごく面白い滞在でした。

 

いつかまたちゃんとフィンつけて潜ってあのすごい海の中をゆっくり観たいし、 

いつかまた縄文杉や宮之浦岳まで歩けたらいいですが

こんなに天気に恵まれた3日間を狙い撃ちできる機会はなかなかないと思われ。

老後にがっつり日数取って再訪するしかないので

長い目で体力の維持と貯金に邁進する所存です👍

子連れde屋久島旅行 その2

  • 2017.09.30 Saturday
  • 15:38

2日目。

今日も快晴です。雨の多い屋久島でこんな運が良いことございません。

 

これは苺一会さんの外観です。

170930_084026-3617039.JPG

 

今日はヤクスギランドに行きます。

アオバトに出会いました。ケガをしています。

車通りの無い方に誘導したのですが生き残ってくれますよう

170930_093252-9757926.JPG

 

屋久島ザルに出会った 南方のわりには毛が多くてふさふさ

170930_095530-9647532.JPG

 

ヤクスギランド。歩きやすくなっています。

170930_103007-9073893.JPG

 

一番遠い周遊コースは倒木のため通れないということで、通れる部分をぐるぐる

170930_103426-9172809.JPG

 

整備されすぎて物足りない気分で歩いていましたが

登山コースに入った途端に足元の悪いりっぱな登山道となり、消耗しました。

170930_104211-9136163.JPG

 

うっそうレベルすごい。スケールが違う。

170930_110954-7787591.JPG

 

170930_111659-9900997.JPG

 

足を伸ばして紀元杉 ヤクシカに遭遇

170930_121336-5459763.JPG

 

170930_125134-753894.JPG

 

帰路 ヤクシカにまた遭遇

170930_130533-9234617.JPG

 

170930_130610-9825558.JPG

 

お昼ごはん 簡単に済ますつもりがごちそうが出てくる店に入ってしまい、ふたたびのトビウオ丸揚げ。美味し。

ぼうやが乾杯を覚えた

170930_140052-2187333.JPG

 

170930_140115-2124422.JPG

 

170930_140118-2150834.JPG

 

午後 ネイチャーガイドのお店で教えてもらった栗生へ

青少年旅行村の外海側に魚がいると聞き行ってみると

環境省海中公園の看板がありました

170930_152748-3163079.JPG

 

砂浜もあって待機に最適です

170930_153958-8799290.JPG

 

よほど素晴らしかったら私も泳ぐかな、と思っていましたが

興奮したウオジィが絶対に泳いで来いというので、行ってみました。

波が荒くて3分もその場に居れなかったけど、思わず叫ぶくらい、それはそれは、すごかった!

ちょっと泳いだ先にあんなに大型魚がいるなんて夢みたいです

 

で、波があまりにも荒くてウオジィも私も再挑戦をためらったのですが

すぐそばの岩場や海中の岩回りにも色々いました

ケショウフグを素手で獲ったウオジィ

 

170930_163100-7109246.JPG

 

170930_163119-7977306.JPG

 

ご放流

170930_163200-8806642.JPG

 

日が暮れたらまた宮之浦の魚屋さんへ

170930_175751-3404496.JPG

 

楽しいね
 

子連れde屋久島旅行 その1

  • 2017.09.29 Friday
  • 15:10

昨年10月に訪れた神津島で、自然の豊かさ、気兼ねの無さ、解放感が素晴らしかったので

今年の家族旅行も島旅を選びました。

行先は、屋久島。

ぼうや背負えるうちに、出来るだけ大人都合で冒険しておきたく

 

伊丹からの直行便です

170929_092613-1643375.JPG

 

170929_101110-2610475.JPG

 

わくわく

170929_114217-1300004.JPG

 

着いたら昼飯タイム!

レンタカー屋さんにおすすめ聞いて寿司屋「いその香り」へ

 

ぼうや用に煮物頼んだらすごい大きいの来た

170929_124406-1740712.JPG

 

170929_124601-2161662.JPG

 

アカバラ:カンパチ 秋太郎:バショウカジキ タルメ:メダイ

青ホタ:アオダイ ザコエバ:ナンヨウカイワリ

ウオジィ:萌え萌え大興奮

 

170929_125021-2327842.JPG

 

うすら寒い日本海から、いきなり南洋らしい地魚のオンパレードに触発され、とにもかくにも海辺偵察。

まずは安房港 特に発見無し

170929_132937-2715263.JPG

 

つぎに春田浜 

風化サンゴの磯がものすごい鋭利なギザギザで、マリンシューズでもマトモに歩けず

コトヒキらしきものとハリガネムシを発見 微妙

170929_144356-4706596.JPG

 

もう少し足を伸ばして 千尋の滝。センピロ。

170929_155338-3109622.JPG

 

ぼうや(昼寝中)がいないと大人はどう楽しんだらよいかわからない

170929_155544-2817199.JPG

 

山がすごい鋭角ギザギザで、本土との違いに興奮します

170929_155749-1920829.JPG

 

目覚めたぼうやとトローキの滝

170929_161618-2313971.JPG

 

170929_161633-3723807.JPG

 

晩御飯まで時間があるので、街である宮之浦地区に行きました。

通りすがりに寄った魚屋さんが面白くてウオジィ大興奮

このあと毎日行くことになります

170929_173218-3487917.JPG

 

170929_173233-2793664.JPG

 

170929_173957-2383500.JPG

 

念のため立ち寄った宮之浦港にて

170929_175807-1105897.JPG

 

三羽のツバメウオを発見した

170929_175841-824716.JPG

 

「苺一笑」さんに泊めていただいております

晩御飯をぼうや用に作ってくださいました

170929_190606-3090279.JPG

 

屋久島名物トビウオ丸揚げ!このあと毎日食べることとなります

170929_193119-2540840.JPG

 

 

北尾根高原

  • 2017.09.02 Saturday
  • 23:38

ぶらり日帰り白馬。

 

八方では去年から北尾根高原という新スポットを開拓していて

偵察に行ってまいりました

170902_112906-2903273.JPG

 

170902_113627-2679411.JPG

 

170902_114950-4363929.JPG

 

170902_120824-4678979.JPG

 

花畑にトレイルに、小さい子連れには最適なところでした!

岩田家が見えるね

 

170902_121122-3275442.JPG

 

170902_122519-2837359.JPG

 

ランチも美味いし。

ゲレ食と同じメニューもあるんだけど、草の匂いの中で食べた方が美味しい。

 

草っぱらにソファーとかのオサレな感じも◎。

子連れだと5秒座って写真撮って終わりなんだけど。

本音はコーヒー片手に本腰入れて30分は座りたいとこ。

 

170902_125137-5477577.JPG

 

170902_125211-3452284.JPG

 

そのままミニトレインパークへ。

ぼうやのためです、ぼうやの!

ちなみにミニSLは大人も超楽しいからみなさんに勧めます!

 

170902_133737-4341777.JPG

 

170902_190831-384698.JPG

 

まるにに挨拶して帰りました。

ぼうやはロビーでたっぷり遊んでいきました。

ゆっくり泊まりたかったな〜。

戸隠

  • 2017.07.15 Saturday
  • 20:29

戸隠までドライブ

 

170715_IMG_1704.JPG

 

170715_IMG_1715.JPG

 

鏡池。下界より5℃ほど涼しくて快適です。

私のリードミスで、散策開始5分でウオジィの靴を泥沼に沈める。すまぬ。。。

 

ガレット食べて気を取り直そう

170715_110655-2030036.JPG

 

170715_110843-2236313.JPG

 

美味しかった!

ぼうやは楽しくなってドタドタ歩き回っていました。

静かな湖畔を少し騒がしくしましたので、小鳥写真撮影目的もしくは静かな時間をお楽しみの方には申し訳ない。。

ぼうやがいると騒がしいのに何故か小鳥や生き物が寄ってくる、と、母は山で実感してるのですが・・・親バカかな(;´・ω・)

 

そのあとは郷土資料館&忍者からくり屋敷へ

170715_121741-4823821.JPG

 

170715_121926-1983021.JPG

 

170715_123815-4019391.JPG

 

170715_124242-5662442.JPG

 

この「戸隠連邦縦走」アスレチックと

撮影禁止の「からくり屋敷」は超面白いので大人におすすめです!

出られない親のパニックを感じ取ったぼうやは涙目でしがみついていましたが!!

 

奥社入口を散策したかったのですが

 

170715_131449-3879784.JPG

 

170715_131536-1845991.JPG

 

170715_131557-5260315.JPG

 

170715_131655-5388179.JPG

 

いくら時間をかけても全然進めなかったので

引き返して蕎麦食べて帰りました。

 

気持ちの良い旅でした。

神津島旅行記 その7 

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 16:37

P1030291.JPG

 

 

というわけで、弟を訪ねて3泊4日の神津島旅行

天気にも恵まれ、トレッキングと釣り三昧で終えました。

ハイシーズンは夏だと思うので、観光客も少なく閑散としていましたが

我々はそのほうが好きなので、ありがたかったです。

季節が良ければダイビング・シュノーケル最高だと思います

が、そもそも子連れでは困難なので

子連れでもできることを存分にやり倒してきた感じ。

北陸からはなかなか行けないところなので、貴重な経験でした(^^)

東京に住んでる人は、すぐ行けるので、ぜひ一度行ったらいいと思います。

 

旅行記 その1 その2 その3 その4 その5 その6

 

・・・

以下、旅行者向けの注釈。

島に関してはネット情報が少ないので、自分らもブログ類からの情報入手に助けられました。

続きを読む >>

神津島旅行記 その1

  • 2016.11.07 Monday
  • 02:05

なんやら歯医者をやっている弟が交代勤務で3ヶ月ほど島に行くらしい。

コウヅシマ。・・・って、どこですか。

 

神津島。

伊豆諸島最西の有人島。東京から180km。

子連れ旅行にはちょっと向いていないだろうと一旦断念したものの、

やっぱり行くことになりまして、

結論、とても充実した面白い旅になったのでした。

 

11/3 

朝6時過ぎに家を出発。寒気+小雨で、冬並みの極寒。

着ぶくれたまま、早朝の新幹線待合室でおにぎり🍙朝ごはん。

P1030116.JPG

 

偶数号車の荷物棚(だいたいガラ空き)を、フル活用。

P1030121.JPG

 

東京駅de背負子。

足元の見えない抱っこ紐と違って実にサクサク歩ける。

後方当たらないようみなさん避けてね・・・

IMG_5484.JPG

 

ロッドケースde東京駅。ゴルフケースじゃないよ

ほかの荷物は事前に送りました。島だからといって特段高くもないです。

IMG_5487.JPG

 

背負子de中央線。ぼうやがご機嫌のときは実に使い勝手が良い

IMG_5490.JPG

 

調布空港に着きました。

IMG_5493.JPG

 

あのプロペラ機に乗ります 17人乗りです

P1030127.JPG

 

離陸!

P1030131.JPG

 

横浜が見えます

P1030134.JPG

 

富士山が見えます

P1030136.JPG

 

三宅島かな

P1030138.JPG

 

これがコウヅシマ

P1030149.JPG

 

これから4日間よろしくお願いします!!

P1030154.JPG

 

その2につづく

旅行記 その2 その3 その4 その5 その6 その7

子連れ西遊記

  • 2016.10.26 Wednesday
  • 23:31

はるばる西日本に来たんで、そのまましばらく滞在。

IMG_5311.JPG

 

IMG_5313.JPG

 

日曜日と月曜日は岡山で晩御飯。


IMG_5314.JPG

 

ウオジィはここでお別れ。お仕事に戻ります。こっから母子でドライブ旅。

今更観光する気分になれず、日中は古巣の近所のスーパー銭湯でのんびり。

これが同行2人の子連れ旅にはとても良かった。

湯、いいな

 

IMG_5316.JPG

 

会ってくださった方々、泊めてくれたさとちん様、

ありがとうございました!

 

火曜日は京都に寄り道。

以前の職場の同期にぼうやが産まれたので、会いたくて押しかけ。

一緒に新米母トーク。嬉しいな。

161025 hiroto.jpg

2カ月の彼と比べると、ぼうやはずいぶんでっかくなった。

 

京都まで来たけど散歩さえできない雨。

FullSizeRender@.jpg

 

大学周辺はずいぶん店が変わっていて、かなりの様変わり。

昔を忘れないうちに、ゆっくり散歩しに来ねば。

FullSizeRender@@.jpg

 

魅力的なを京都の街並みをすっとばして、実家に向かいます。

岡山〜京都、京都〜名古屋とも、ぼうや爆睡してくれたので、滞りなく運転できました。

というか寝てるうちに少しでも進むべきかと休憩とれずにいるうちに、目的地に着いてしまった。

それはそれでなかなかしんどい。

 

ぼうやもさすがに疲れたようで

今回の旅のあいだ、あらゆる老若男女に愛想ふりまく神対応だったのですが、

実家に着いたとたん、突然、

母以外に対して号泣する人になってしまって、母は困りました。

 

へとへとで帰り際のミカン狩り@実家の畑

IMG_5337.JPG


FullSizeRender.jpg

 

IMG_5347.JPG

 

IMG_5348.JPG

 

結局、2日間、帰る間際まで、ずっと泣いてました。

帰宅した途端ケロッとご機嫌ぼうやに戻ってくれて、ほっとしました。

 

・・・

 

今回の長旅を経て、いろいろ考えました。

今自分の目の前に何があって何が無くて何を大切にしたいのか改めて問う機会でした。

 

水研サッカー大会

  • 2016.10.23 Sunday
  • 22:46

地の果て。陸の孤島。

朝刊をとりに行ったら熊に襲われたという話の近く。
SPRING-8。聞いたことあるね...

 

兵庫県は上郡、播磨光都が

今年の水研サッカー大会の会場であります。

岡山の隣か〜と思うとなんだか近いような気がして、はるばるファミリー参加。

 

なんかイベントやってますが・・・

着ぐるみ一同、座りっぱなし。年寄りが入ってるのかな。

P1030037.JPG

 

ぼうや連れてひやかしに行ったら、着ぐるみ介添が「写真を撮ります!」と熱心に申し出る。

 

・・・立つことさえままならない着ぐるみ人間に我が子を抱かせる不安。

カメラ目線ですが母は全神経を右手に集中しています。

P1030034.JPG

 

絶対に落とすなよ・・・

P1030035.JPG

 

さてさて、本題、サッカーね。

今回で第23回大会だそうです。ぼうやは初めて父ちゃんのプレーを見る。

IMG_5278.JPG

 

ユニ新しくなってた

P1030033.JPG

 

お父ちゃんがんばれ。

P1030061.JPG

 

お父ちゃん、頑張る

P1030052.JPG

 

お父ちゃん、ここからごっつぁんシュート

P1030070.JPG

 

ゴール! ゆりかごダンス〜 うぃ〜

P1030087.JPG

 

どさくさに紛れて水産界の巨匠たちと写真を撮っていただきました!

塚本先生、瀬戸内のみなさん、舞鶴と増殖の先輩。

ありがとうございました!

IMG_5356.JPG

 

 
 

平湯

  • 2016.09.25 Sunday
  • 18:53

平湯の森。

とらふぐ養殖施設視察。

 

飛騨牛試食。

 

クマ牧場も行きましたが

 

・・・主役はぼうやでした。お金出して子熊ちゃんと撮影させてもらいましたがまさかの脇役・・・

 

 

2月生まれの子熊ちゃん7圓諒き心地、ぼうや9圓茲蠅世い屬靴紊辰箸靴討泙靴拭

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM